Kyash

【結論】QUICPayはKyashがオトク【還元率2%を狙いましょう】

【結論】QUICPayはKyashがオトク【還元率2%を狙いましょう】

「QUICPayをはじめたいんだけど、どのカードで支払えばオトクなんだろう」

こうした疑問にお答えします

本記事の内容

【結論】QUICPayはKyashがオトク【還元率2%を狙いましょう】

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、QUICPayはKyashを利用して支払をしています。

2020年4月にkyashが届きまして、現在までずっとKyashを愛用中です。QUICPayを経由して、5月のKyashポイントはマックスまで貯まりました。

QUICPayはKyashで支払うのが今のところ1番オトクです。

前提:KyashはQUICPayに対応してます

KyashはQUICPayに対応してます

前提として、KyashはGoogle PayとApple Payに対応しています。

Android、iPhoneの両ユーザーがQUICPayでKyashを利用して決済することが可能です。

※Apple Payの対応は、2020年の4月からなのでわりと最近のことです。

>> 参考:Kyashが4月7日(火)より、Apple Payの対応を開始

Kyash + QUICPay で還元率2%

Kyash + QUICPay で還元率2%

Kyashを利用すれば、QUICPayで2%のポイント還元が可能です。

Kyashの利用分1% + クレジットカードの利用分1%

これで2%の還元です。

Kyashとクレジットカードの連携

Kyashは、クレジットカードを連携させて支払うプリペイドカードなので、Kyashの利用分とべつに、連携したクレジットカードの支払分もポイントとしてもらえます。

クレジットカードの還元率が1%であれば、Kyashと合わせて2%も還元されます。

2%還元ってすごいんだっけ

ずーーっと2%還元なのですごいですよ。

買い物がつねに2%オフでできちゃうのと同じです。

5万円の買い物をした場合、1000円分もオトクになります。月5万円が1年間だと、1万2千円にもなるのでかるく温泉とかなら行けちゃう。

Kyashはポイントを残額にチャージできるので、ポイントでまた買い物もできちゃう。

※ちなみに、Kyashでもらえるポイントには上限があります。くわしくは「【2020年版】Kyashの限度額まとめ。」の記事に書きましたので合わせてお読みください。

Kyashに対応してるオススメのクレジットカード

Kyashに対応してるオススメのクレジットカード

Kyashと連携するなら、高還元率のクレジットカードがオススメです。

上の2枚のカードは還元率が1%と高い上に、ポイントの使い道も多くて利用しやすいと思います。

今だったらVisa LiNE Payカードなんかも、3%還元していてオススメです。

ちなみに僕は、楽天カードを連携させて楽天ポイントを貯めています。

楽天ポイントはスマホ代や電気代にも使えるので便利です。

スマホ代と電気代に楽天ポイントを利用すれば、毎月の支払いが0円になります。

>>参考:【必読】楽天経済圏にどっぷり浸かってスマホ代電気代0円で暮らす方法

-Kyash

Copyright© Ryujin Blog , 2020 All Rights Reserved.