楽天銀行

【簡単】楽天銀行の口座を開設する流れ【3ステップで解説】

【簡単】楽天銀行の口座を開設する流れ【3ステップで解説】

楽天銀行の口座を開設したい人「楽天銀行の口座を開設する流れを知りたいなぁ。口座つくるのとか慣れてないから、だれでも分かるように親切な解説をして欲しい。あとはポイントを稼ぐコツも合わせて知っておきたいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

・楽天銀行の口座を開設する流れは3ステップ【画像つき解説】
・楽天銀行でポイントを稼ぐ3つのコツ【事前エントリー・マネーブリッジ・楽天カード】
・楽天ポイントで年間10万ポイント獲得する方法

本記事では、楽天銀行の口座の開設の流れを5つに分解してまとめました。また、説明のあとに楽天ポイント情報も入れましたので、楽天銀行でポイントを貯めたい方にも最適な記事です。

現在の僕は楽天銀行をメイン事業用の口座に使っています。
楽天銀行の他にも4つ銀行口座を所持していて、銀行口座の知識はあると思っています。知識に基いたわかりやすい解説をしますので、ぜひご覧ください。

楽天銀行の口座を開設する流れは3ステップ【画像つき解説】

楽天銀行の口座を開設する流れは3ステップ【画像つき解説】

楽天銀行の口座を開設する流れは超シンプルです。

・手順①:お客さま情報の入力
・手順②:キャッシュカードの選択
・手順③:本人確認

手順①:お客さま情報の入力

まずは楽天銀行のサイトから「口座開設かんたんお申込」をクリックします。楽天会員じゃない方は「口座開設お申込」をクリックしてください。

お客さま情報の入力

上のような画面になりますので、お客さま情報を入力します。

連絡先情報の入力

続けて、連絡先情報を入力してください。メールアドレスが複数ある方は、1番よく使っているアドレスが良いです。

手順②:キャッシュカードの選択

クレジット機能付キャッシュカード以外がおすすめです。

理由は、クレジット機能付キャッシュカードにすると楽天カードが発行できなくなるからです。楽天カードが発行できないと、楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードも発行できなくなります。ここは無難に楽天キャッシュカードとかにしておきましょう。

補足解説(1)デビットカードとは

簡単に言えば、チャージしない電子マネーのことです。支払いと同時に銀行から引き落しがされます。楽天銀行デビットカードとは、普通のキャッシュカード+デビットカード機能の付いたカードのことです。

補足解説(2)楽天銀行キャッシュカードと楽天カード

楽天銀行キャッシュカードとは、ふつうのキャッシュカードのことです。楽天カードはクレジットカードのこと。この2つ機能を合わせたのが「クレジット機能付キャッシュカード」になります。ややこしいので、キャッシュカード、クレジットカード、デビットカードを分けて所持するのがおすすめです。

手順③:本人確認

続いて、口座の利用目的と本人確認の方法を選択します。確認方法は、「スマートフォンアプリで送付する」で問題ないです。撮影して送るだけなので、配達員にわざわざ確認してもらうより楽ちんです。

追加オプションサービスは、楽天証券口座にだけ申し込むのがおすすめです。楽天証券の口座があると、楽天銀行の金利が100倍になります。このことは記事の最後にふれるのでそちらをお読みください。

反社会的勢力に関する表明・確約

続いて、上の画面の「同意する」にチェックを入れ「次へ」をクリックします。

入力情報確認

入力情報を確認して「申込み情報に誤りがないか確認し、規定等に同意して申し込む」をクリックします。

申し込完了画面

上のような画面になりましたらOKです。後はアプリで本人確認書類をアップロードして手続きは完了です。おつかれさまでした!

楽天銀行でポイントを稼ぐ3つのコツ【事前エントリー・マネーブリッジ・楽天カード】

楽天銀行でポイントを稼ぐ3つのコツ【事前エントリー・マネーブリッジ・楽天カード】

大切なのは次の3つ。

・コツ①:事前エントリー
・コツ②:マネーブリッジ(証券口座と連携)
・コツ③:楽天カードと連携

コツ①:事前エントリー

キャンペーンに事前エントリーをしておくと1,000ポイントもらえます。

必要なのは事前エントリーだけなので、サクッと終わらせてしまいましょう。楽天ポイントクラブから、スタートボーナスチャンスの「まずはエントリー」をクリックします。「スタートボーナスチャンス発動中」と表記されればエントリー完了です。

この手順を口座開設の前に終わらせておくだけで、1,000ポイントが付与されます。

コツ②:マネーブリッジ(証券口座と連携)

楽天銀行と楽天証券の口座を連携させると楽天ポイントがもらえます。

取引すると、だいたい手数料の1%程度の楽天ポイントがもらえる計算です。イメージで言うと、手数料100円ごとに1ポイント獲得できる感じです。

楽天証券で取引しない方も、楽天証券の口座開設はおすすめです

理由は、楽天銀行の金利が最大100倍になるから。口座は無料でつくれますし、利用しなくてもいいので、とりあえず開設して連携させておいたほうがいいです。楽天銀行の開設のときにオプションで申し込んでおくと、自動でマネーブリッジ(連携)されるので楽ですよ。

【断言】楽天のマネーブリッジにデメリットなどない【金利100倍は本当でした】

コツ③:楽天カードと連携

楽天銀行を楽天カードの引き落し口座に設定してください。

メリットは3つ。

メリットその(1):SPU+1倍
メリットその(2):金利がアップする
メリットその(3):便利なアプリが利用できる

ポイントを貯めたいなら、楽天カードと楽天銀行の紐づけは必須です。もっとくわしく知りたい方は、下記記事にまとめていますのでご覧ください。
【2020年】楽天カードの引き落し口座はどこがおすすめ?【楽天銀行で本当にいいの?】

楽天ポイントで年間10万ポイント獲得する方法

最後にオマケ。

日常生活でなるべく楽天サービスを使うようにすると、年間で10万ポイントぐらいは貯まります。

具体的な方法や手順は、上の記事にまとめてあります。

正直、10万ポイントぐらいだったら楽勝です。僕は上記記事の方法で、初月は6500ポイントぐらい貯まって、2ヶ月目は20,000ポイント以上貯まったので、年間10万ポイントは余裕で達成できる数字です。

というわけで、今回は以上になります。

-楽天銀行

Copyright© Ryujin Blog , 2020 All Rights Reserved.